電話代行でコストも削減可能!プロの対応で顧客も満足

ロゴ

会議やお問い合わせの録音をそのままにしていませんか?

会議や問い合わせなどの音声データは、メディアのディスク容量を大いに消費してしまいます。そのため、録音データをそのままにしておくことは、資源管理の点で大きなデメリットになるのです。一方テープ起こしをしたデータはテキストなので、容量はかなり小さくなりコンピューターに負荷をあまりかけません。

テープ起こし業者に依頼?自社でテープ起こし?両方のメリットを比較

業者に頼めば仕事効率がアップします

テープ起こしを代行業者に依頼する大きなメリットは、何といっても仕事の効率が大幅にアップすることです。一般的に素人が1時間テープを起こすのには10時間は必要とされています。その点、プロの業者が行えば何十時間分の業務を代行してくれるので、他の仕事がはかどります。

自社でテープ起こしをすれば、情報の漏えいリスクが軽減されます。

テープ起こしの作業を行う場合、会議資料や講演会の内容がわかる資料が必要です。それを外部に業者に手渡すとなると、情報漏えいのリスクが発生してしまいます。自社でテープ起こしをすれば、外部に重要な情報が洩れる心配が減るというメリットがあります。

あらゆるオーダーに対応できるテープ起こし業者

あらゆるニーズに応えられるように、テープ起こし業者では様々なサービスを提供しています。政治経済・スポーツ・文化など様々なジャンルのテープ起こしを引き受けたり、ケバ取り・素起こしも可能だったりします。更には国際化が進んでいることから、多言語に対応する業者も存在します。

作業効率も上げられる!電話代行に依頼したほうがいい理由

固定電話

ケバ取りや素起こしも可能

ケバ取りとはクライアントが提出した収録内容を、ケバ以外の音声をそのまま文章化することです。ケバとは「あの」「その」などそれ自体が意味をなさない言葉や、しゃべっている人の口癖などを指します。また素起こしとは、録音された音声を一字一句正確に書き記すことをいいます。クライアントの要望によってケバ取りや素起こし、それぞれの方法でテープ起こしする必要があります。テープ起こし業者は、このようなニーズにも応えられるのです。

通話する人

多言語に対応している業者もある

テープ起こし業者によっては、多言語サービスを提供しているところがあります。多言語のテープ起こしの難しいところは、複雑な音源が入り混じっていることです。そのため、専門の業者がテープ起こしをしないとミスを起こしやすいといわれています。もし多言語のテープ起こしを依頼するときは、様々な母国語ライターが在籍しているテープ起こし業者に依頼することをおすすめします。

電話代行サービスが選ばれる4つの理由

ウーマン

時間を有効活用できる

商談中や急ぎの作業が入っているときに、電話応対をするのは集中力が低下し業務効率がかなり下がります。そこで電話代行サービスを利用すれば、目の前の仕事に集中できるため、時間を有効活用できるのです。

コストを削減できる

事業を続ける上で電話応対はどうしても切り離せない業務です。しかし、電話対応だけに人員をかけると、人件費が発生してしまいます。そこで電話代行サービスを利用することで、コスト削減につながるのです。

顧客に安心感を与えられます

顧客が問い合わせするために大事な電話をしているのにもかかわらず、携帯電話に転送されてしまったら顧客としては不安に感じてしまうでしょう。電話代行サービスを使えば、顧客に対してスムーズな対応ができるので安心感を与えられます。

重要な電話を逃すことがありません

電話代行サービスを使えば、新規のお客さんから問い合わせなどの電話がかかってきても、スムーズに対応できます。その結果、大事な電話を逃がすことがありません。